このブログについて

リンク

MMSオンライン
(MMSについての説明)
http:s//sites.mms2.blue/

MMSオンライン販売
現在は販売していません

2018年4月5日木曜日

MSM メチルスルホニルメタン

MSMについて問い合わせがあり、嬉しく思いました。

MMSと名前が似ているので勘違いされる方も多いですが、MMSとはまったく違うものです。有機硫黄で、DMSOの親戚のような物質です。

日本では関節炎の為に飲むサプリメントとして有名みたいですが、海外ではアレルギー症状の軽減によく飲まれているサプリメントのようです。

まだMSMを子供に飲ませ始め1ヶ月程ですが、その効果は素晴らしいと思います。

子供のアレルギー症状が悪化して入院した時に飲ませましたが、飲ませ始めだったのか、個人差もあるのか、即効性は無かったです。ですがMSMの本を読むと、酷い花粉症の方が初めてMSMを飲んで数時間以内に症状が消えてなくなったとありましたので、人によっては即効性があるようです。

粉末状、カプセルとあり、私は他の成分が含まれていないMSMのみの粉末をジュースに混ぜて利用しています。

水で飲めないこともないですが、かなり苦味があります。DMSOが飲める方なら、DMSOよりは苦味度が低いので大丈夫かもしれません。

サプリメントとして販売されているものは、MSM成分以外の物が含まれているものが多いようです。

私は子供のアレルギー改善の為に飲ませているので、他の成分がないMSM製品を利用しています。


スポイドに入れて鼻にさしたり、スプレーとして使うのは、他の成分がない粉末のみになります。オーガニックもありますが、写真の製品はオーガニックではありません。

まだMSMを飲ませ始め1ヶ月ですが、1ヶ月のまとめです。

先月始めのアレルギー悪化の時に時々飲ませても、アレルギー症状の軽減にはなりませんでした。ですが退院後、アレルギー症状も落ち着いて来た頃から毎日飲ませ、

アレルギー症状の鼻水がでかけたかなと感じた時にMSMを飲ませたら、1時間~2時間以内に症状が止まり悪化することは無かったです。これを5回程この3週間以内に経験しました。

もちろんアレルギー症状が出ていない時もありますが、その時にも日に2回、合計8グラム~10グラムを飲ませていますが、アレルギー症状が出ている時ではないので変化は感じませんでした。

これは私のパートナーの話しですが、子供と同様アレルギー性鼻炎を持っています。昨晩久しぶりに鼻水がつまってきたようで、ネブライザーに入れたMSMを吸引してもらったところ、鼻水のつまりが1時間前後でなくなり、その後鼻水は出ていません。

前回も書きましたが、風邪で鼻水がつまっている時に私が同じことをしても、アレルギーによるものではないのか、鼻水軽減効果はまったくありませんでした。

アレルギー性鼻炎のついでなので書きますが、私の子供は予防接種を受けていません。ですがアレルギーがあります。そしてここ2年、毎日必要以上にMMS(ジムハンブル氏の)を飲んでいました。私のパートナーも7年近くMMSを飲んでいますが、まだ時々アレルギー性鼻炎が発生します。

ですが本人曰く、昔に比べてかなりよくなったそうです。

以上のことから、やはりMMS(ジムハンブル氏の)でアレルギーは治らないのかもしれません。

MSM(メチルスルホニルメタン)を飲んでアレルギーが治るかと期待しましたが、本に書かれてある事や体験談を読むと、MSMを飲むのをやめると、どうやら再びアレルギー症状が現れるようです。

ですが明日明後日というわけではなく、少し位の間飲まなくてもすぐにアレルギー症状はでないようです。

MSMでアレルギーが治らないとしても、アレルギー症状が続くよりはずっといいので、これからもMSMを引き続き利用してみようと思います。


MMSがメインのサイトですが、最近は他の話題ばかりになっていました。

サイトの方の糖尿病に書いた近所の方に会った時、今の様子を聞いてみました。今はMMSを飲んでいないそうですが、最後に血糖値を計った時は130だったそうです。

救急車で運ばれた時の血糖値が700以上で、当時の普段の血糖値が500、毎日インスリンを注射していました。今はインスリンも注射せず、MMSも飲まずで血糖値が130前後だそうです。MMSはアレルギーには効きませんが、糖尿病には効果があるようです。


※MMS(ジムハンブル氏の)とMSM(メチルスルホニルメタン)は似ていますが、まったく違うものです

2018年3月27日火曜日

DMSOとMMSの効果

最近知り合いになった年配の方で、ピアノの修理をされている方がいます。

4年程前に脳の血管障害で、心臓がある方半分が麻痺してしまい、歩く時にうまく歩けなくなり、左手もうまく使えなくなったそうです。

頭蓋骨に穴を開けて手術までしたそうです。

その方が、先々週からMMSを飲み始め、DMSOは先週から飲み始めました。

DMSOを飲み始めてすぐに感じた感想を教えてもらったのですが、

脳にいつもより多くの酸素がいっているのを感じ、今までは指で左半身をかいてもほとんど感覚がなかったのが、DMSOを飲み始めて指先で左半身をかいてみたら、肌に指が当たっている感覚がすると喜んでおられました。

DMSOを飲み始めたのが先週の金曜日で、この話を聞いたのは昨日の月曜日です。

土曜日の夜に電話で話した時すでに、明らかに調子がいいと言っていましたから、すぐに体調の変化が現れたようです。

MMSでの効果は、今までに排尿に問題があったそうですが、それがすぐに改善されたそうで、驚いておられました。

左半身がもっと正常に戻るようにと期待をよせて、毎日これからはDMSOを飲むそうです。

私はDMSOをほぼ毎日飲んでいても風邪をひいてしまいましたが、DMSOには風邪予防以外にもっと大きな効果が見られるので、飲むことに無駄はないと思いました。

私は今はまだその年ではありませんが、アルツハイマー予防にもなるので、両親にもDMSOをすすめています。


これはMSM(MMSではない)の効果についてですが、やはりアレルギー性鼻炎の軽減にかなり効果が認められます。

子供の鼻水の症状が出たら、MMSでもDMSOでも鼻水の症状を止めることができず、

鼻水→咳→鼻がつまり呼吸困難 が最近のパターンでしたが、鼻水が出始めたと思った時にMSMを4グラム以上を飲ませたら、1時間以内に鼻水が止まるようになり、いつもの悪化することがなくなりました。

ですが一生MSMを飲ませて鼻水を止めるわけにもいきませんので、アレルギー性鼻炎がなくなるよう、ホメオパシーも併用し、夜は早く寝させ、食事の改善も徐々にしていっています。

アレルギー性鼻炎の鼻詰まりに、MSMを液体にしたものをネブライザーに入れて吸引させたら、すぐに効果がありました。

風邪をひいて鼻がつまっている時に私も試しましたが、アレルギー性鼻炎ではないからなのか、私には効果がありませんでした。

2018年3月22日木曜日

アレルギー性鼻炎とMSM2

昨日もまた、朝起きてからしばらくして、子供のアレルギー性鼻炎の鼻水の症状が出始めました。鼻が常につまった感じになり、透明な鼻水がずっと出てくる、そして数日後に咳が出始めます。

本を読むとMSMが体の中に存在する時間は、DMSOよりも長いと書いてあります。

前日寝る前にも少量のMSMを飲ませていたのに、翌朝起きたら鼻水の症状が出始めました。

それ以上悪化しないようにと、オレンジジュースにMSMを4グラム混ぜて飲ませ、少量のMSMを混ぜた水をネブライザーに入れて5分程吸引させたら、鼻水の症状がすぐに止まりました。

それからその日は夜寝て起きるまで、アレルギー症状の鼻水は出てきませんでした。

MSMに関してはまだまだわかりませんが、本に書いてある体の中に存在する時間と、アレルギーの症状の軽減はあまり関係ないのかもしれません。

4グラムのMSMを飲めば、半日ほどはアレルギー症状が出ないような気がします。


これはMMS(ジムハンブル氏の)の話になりますが、自分の実際に知っている人がMMSを飲み始め、喘息の症状がかなり改善されました。一人は毎日数回起こっていた喘息の息ができなくなる症状がほとんど出なくなり、もう一人はまったく症状がでなくなったとのことです。

二人共今も毎日MMSを飲み続けていますが、息切ができなくなって吸引スプレーを使うよりずっといいと言っていました。サイトの方の治った例に書きましたので、よろしければ御覧ください。


2018年3月20日火曜日

アレルギー性鼻炎とMSM

MMSを二年間毎日こまめに子供に飲ませても、時々DMSOを飲ませても、子供のアレルギー性鼻炎はまったく改善されませんでした。なるべく薬は使いたくないため、何かないかといろいろと調べたところ、

DMSOの研究で有名なヤコブ氏が、MSMの本にも書いていたことを知り、買って読んでみました。

ヤコブ氏自身も、MSMでアレルギー症状が改善されたこと、ヤコブ氏の息子さんもMSMでアレルギーは治らなかったけれど、アレルギー症状はかなり改善されたことが書かれてありました。

早速、子供が入院中からMSMを飲ませ始めたのですが、飲ませ始めはまったく効果が出ませんでした。私の子供にはMSMすら効かないのかと諦めていましたが、本を何度も読み直し、

重症だった喘息患者やアレルギー患者が、ほんとんど症状がでなくなったと書いてあったのを読み、諦めずにMSMを飲ませ続けました。

アレルギー症状の悪化で4日間入院し、退院してから数日でアレルギー症状はなくなり落ち着いていました。

その間、時々MSMをオレンジジュースに混ぜて飲ませていました。

ですが先週、夜寝る前に鼻の奥でグルグルと音がし始め、翌朝起きたら鼻声で鼻水がつまっていました。またアレルギーが始まって、今回はどのように悪化するのだろうとビクビクしていました。

とりあえず学校に行かせたのですが、ドキドキしながら学校に午後にむかえに行った時には、鼻水の症状がまったく消えて無くなっていました。奇跡です。

一旦鼻水が始まったら、それから咳、呼吸困難になり悪化の一途をたどるのが最近のアレルギー症状の傾向でした。MMSとDMSOでこれらはまったく改善されませんでした。

2年間で変化があったのは、IgEの数値が低くなったということだけでした。

アレルギーに気づいた2年前は150前後、MMSを飲ませるようになってからは80前後。

先週から毎日、麦茶の代わりにオレンジジュースにMSMの粉を混ぜて学校に持って行かせていました。それを学校で飲んだから、ひょっとしてアレルギー症状が止まったのかと思いました。

先週のその時に初めてMSMの効果らしきものが確認できましたが、まだ1回だけだったので確信は持てませんでした。

そしてそれから、先週末に何回か鼻が奥でグルグル音がし始め、鼻声になりかけました。その時にMSMの粉末を混ぜたオレンジジュースを飲ませたら、1時間以内に鼻のグルグル音が止まり、鼻声もなくなりました。

1日に何回か鼻水が出始めた時にMSMを飲ませたら、毎回鼻水はそれ以上悪化することが無く、まったく出なくなりました。

少し希望が出てきました。

MSMがアレルギー症状を軽減させるというのは、本当なのかもしれません。

市販の抗アレルギー剤等を使っても、ここまで鼻水が止まったりすることは無かったですし、あまり使いたいものではありませんでした。

先週から、ホメオパシーのレメディーも使い始めました。

でもこれには即効性もないし、アレルギー症状をすぐに止めるという効果はないので、やっぱりMSMの粉末が効いているのかもしれません。

ホメオパシーは長期戦で、アレルギー体質を治すことにかけています。

MMSを2年間毎日子供に飲ませても、アレルギー症状の改善にはまったくつながりませんでした。

アレルギーが治るというわけではありませんが、アレルギー症状が改善される、または出なくなるというだけでも親は精神的に楽になります。

まだMSMの効果を感じ始め1週間なので、もう少し様子を見てからMSMについて書いてみようと思います。


MMS(ジムハンブル氏の)
MSM(DMSOの親戚みたいなもの)

名前は似ていますが、まったくの別物です。

MSMはDMSOと似たようなものですが、DMSOでアレルギー症状はここまで改善しませんでした。そこが不思議な点でもあります。

2018年3月9日金曜日

MMSを毎日飲んで2年ぶりに風邪をひきました

風邪を2年ぶりにひきました。

子供のアレルギー性鼻炎の悪化で、鼻水の処理に緊急に連れて行ったらそのまま入院させられました。ここではちょっと酷い風邪や軽い喘息でも、希望すれば入院がすぐにできます。

アレルギー性鼻炎による鼻水で咳が止まらなくなり、鼻水が気管支につまり息がしづらくなっていると言われました。

症状が悪化する前も悪化してからも、MMSやDMSOはこまめに飲ませました。ですがまったく改善されませんでした。以前突然咳が止まった時のように、MMS入のバスタブに入らせたのですが今回は効きませんでした。

私たちは鼻水軽減以外の薬を処方されても使わないのをその時の担当のドクターは知っていたので、悪化したら困るとのことで強制的に入院させられました。

他の子供との二人部屋だったのですが、他の病気を心配して病院に聞いたら、基本は同じ病気の子が同室という決まりだそうです。

咳で呼吸困難ということで、私の子供は喘息扱いで入院です。だから隣のベッドの7ヶ月の子供も喘息のはずですが、違いました。

隣のお母さんといろいろ会話して、確かに喘息持ちの子供なのはわかりましたが、喘息で入院ではなく、風邪の症状で入院でした。喘息持ちだから用心して入院です。

私は風邪の人と同室にしないで欲しいと病院に頼んだのですが、喘息だと言って聞いてもらえませんでした。ですが隣のお母さんは、風邪だと教えてくれました。

隣のお母さんの電話の会話を聞いていたら、家にいる他の子供も熱が出ていたようです。兄妹で風邪だったようです。

風邪をひいた子供と同じ部屋に何日間かいて、私は風邪をひきました。

私の子供には病室で寝ている時以外はこまめにMMSやDMSOを飲ませたので、風邪はひきませんでした。私の場合、子供の病院食につく紙パックジュースを毎回自分が飲んだ為、MMSを飲む回数が少なくなりました。というのも、紙パックジュースにはビタミンCが入っているからです。

ヤコブ氏は30年間毎日スプーン1杯のDMSOを飲んで風邪もひかなかったと書いていますが、私はDMSOを毎日飲んでいましたが風邪をひきました。

MMSも回数こそ少なかったですが、病室にいた間も毎日飲みました。

今回の経験から、ウイルスが多い場所にいるときは、MMSを日に数回飲んだ程度ではやっぱり風邪予防にはならないのかもしれません。2時間毎にこまめにMMSを飲んでいた子供は、風邪をひいていません。

免疫力もその他の要因もあるかもしれませんが、絶対に風邪をひきたくないときは重篤な疾患のプロトコルくらいしっかりMMSを飲まなければ駄目なのかもしれません。

MMSを毎日数回必ず飲むようになって約2年、風邪をまったくひかなくなり嬉しかったのですが、その記録が破れてしまいました。

ですが風邪をひいている人と換気も無しでクーラーガンガンの部屋に数日間一緒にいても、MMSをこまめに飲めば風邪をひかないとも言えるのかもしれません。

隣のお母さんもクシャミをして鼻声でした。

今までMMSを飲んでも風邪をひいたと自分の親に何回か言われたことがありますが、MMSを健康維持で飲む程度では風邪はひいてしまうのかもしれません。

絶対に風邪をひきたくないと思う時には、1時間や2時間毎にこまめに飲む、これしかないのかもしれません。

MMSが体の中で2時間弱しか存在しない、ウイルスの増殖の速度などを考えたら1日1回のMMS摂取ではやっぱり駄目なのでしょうか。

これは今までの自分の経験からの推測なので、断定はできませんが参考になれば幸いです。



これだけこまめに毎日飲ませても、MMSやDMSOでアレルギーの改善はまったく見られないので、名前が似ていてますがMSMを最近子供に飲ませ始めました。こちらの方でいい結果が出れば、また書きたいと思います。



風邪の症状、喉が痛い、咳が出る、鼻水が出るが始まってからMMSをいくらこまめに飲んでも、殆ど改善は見られません。最初が肝心です。

私は2年前に風邪をひいた時、症状が出たらMMSを飲んでも改善はされないと諦め、風邪の症状が出てからMMSを飲むのをやめたことがあります。そして、急性副鼻腔炎になり顔面や歯茎の辺りが痛くなりとても辛い思いをしたことがあります。だから、風邪の症状が出てしまっても、諦めず回復するまで最後まで飲むのがいいと思います。

2018年2月23日金曜日

MMS(二酸化塩素)と腸内フローラ3

腸内細菌検査の結果はいろいろな細菌が%で出ていて、ネットで調べても出てこないような菌までありました。

腸内細菌全部からみてスコアが出ていたのですが、8.2とまずまずのスコアでした。子供の腸内細菌のスコアは、6.89でした。野菜をほとんど食べない偏った食事のせいでしょうか、野菜や日本食を好んで食べる私よりもスコアがよくなかったです。




他のサンプルと比較して頻度が少ないというユニークな細菌一覧も載っていました。その中には嫌気性と呼ばれている細菌も幾つかありました。

MMSは嫌気性細菌を破壊すると言われていますが、腸内フローラにある嫌気性細菌にはあまり影響がないのでしょうか、存在していました。

MMSはイースト菌を排除すると言われていますが、何ヶ月か前にした他の検査ではイースト菌が豊富に見つかりました。その時の検査までは、MMSを6滴を日に数回毎日1年以上飲んでいた時でした。にも関わらず、イースト菌は豊富にありました。私以外の家族でも、イースト菌は存在するとの結果でした(私の場合は豊富)。

特別な疾患も症状もない者が、毎日健康維持目的でMMSを1年半以上続けて飲んでいた結果です。

海外生活が長いためか、日本にいた時よりも肉類を食べることが多いです。甘いものが好きで、日本から送ってもらった菓子類をよく食べていました。

MMSのおかげで腸内細菌の割合はそんなに悪くないとも言えるのか、それは誰にもわかりませんが、悪い結果ではなかったので、これからも続けてMMSを毎日飲み続けてまた結果をいつか載せようと思います。

子供に関しては、MMSを飲ませすぎて腸内細菌のバランスが崩れてアレルギーになったのかと思いましたが、スコアは私よりも悪かったですが、いろいろな菌がきちんと腸内に存在していました。

だからMMSで腸内バランスが大きく崩れるというのはないのかもしれません。むしろ偏った食生活のほうが影響していたみたいです。

MMSで悪玉菌が全滅することもなく、腸内のバランスはMMSを飲んでも保たれていたようです。私も子供も乳酸菌とアッカーマンシアがゼロだったのが気になりますが、ビフィズス菌はありましたので偶然かなあと思っています。

2018年2月19日月曜日

MMS(二酸化塩素)と腸内フローラ2

腸内フローラ検査結果の続きです。


アッカーマンシアが、私も子供も0でした。




ビフィズス菌はほぼ平均値存在しましたが、乳酸菌は0でした↑。子供の場合はビフィズス菌は少し平均より少なかったですが、乳酸菌はごくわずかながら存在しました。

MMSを毎日数回飲んだとしても、ビフィズス菌がなくなってしまうということはないようです。但し、癌等の重篤な場合のプロトコルで飲んでいたのではありませんので、容量が多い場合はわかりません。健康な大人が1日3~4滴を3~4回飲んでいた時の検査結果です。検査する1ヶ月前は1年間毎日6滴を日に数回飲んでいました。

MMS(二酸化塩素)と腸内フローラ

MMSを飲んだら善玉菌が全部なくなってしまう、MMSを飲んでも善玉菌はなくならない、悪玉菌だけなくなる等、いろいろな意見があります。

もちろんジムハンブルの公式サイトにもフォーラムには、善玉菌は大丈夫だと書かれてありましたが、それに反論する意見もいっぱいネット上にありました。

今まで善玉菌を考えてMMSを飲んだんことはなかったのですが、藤田紘一郎という方の腸とアレルギーとの関係の本を読み、気になるようになりました。

ネット上で確信ができる情報が見つからなかったので、自分で試してみようと思い、腸内フローラの検査を子供と二人受けてみました。

1ヶ月半かかると言われていたのですが、昨日思ったより早く2週間で結果が届きました。

私は腸内フローラの善玉菌、悪玉菌、日和見菌等について詳しくありません。

だから結果がこうだからこうだとはっきりとは書けませんが、検査の結果を何回かに分けて書いていこうと思うのでMMSを飲む上で参考になればと思います。


採取日 1月18日  
アメリカに届いた日 2月5日
検査結果 2月18日



生活習慣や今までの病気歴、人種などを答えるものがあったのですが、まだ時間があると思い答えていない時に結果が出てしまいましたが、ウェルネスマッチの数値だけ見ると、悪くはないと思います。

海外で生まれて育った子供は、肉食の欧米系の食事に近いからなのかウェルネスマッチは83%で、バクテロイデスのパーセンテージは私の約倍で、バクテロイドに支配されているという結果でした。

今回の腸内フローラの検査をするにあたり、検査日まで毎日MMSを3滴を日に3~4回1ヶ月以上飲んでいました。時々DMSOも。子供の場合は2滴を日に2回飲んでいました。

検査の結果が細分化されているので、MMSを飲む上で気になると思われる箇所だけ後日また載せます。

参考になれば幸いです。

2018年2月14日水曜日

血液検査

去年の末に、本当にMMSを毎日飲んでも健康に害はないかという質問がありました。

過去に何度か載せましたが、最新の血液検査の結果です。

ここで血液検査一般をお願いすれば、画像にあるのみの検査になりますが、全部基準値でした。

毎日活性化させたMMSを3滴、朝や昼や夜に日に3回~4回1ヶ月半飲んだ結果です。

他にもいろいろな血液検査があると思いますが、指定があればそれをしてみます。得に指定がない場合は、画像のような結果のみになります。



ここでは電話1本で24時間自宅まで採血に来てくれるサービスがあり、ネットですぐに結果がわかります。個人で自由に、ほとんどすべての検査をお願いできるので、気兼ねなく問い合わせから問い合わせてみて下さい。私の他、家族、MMSを毎日飲んでいる友人の検査であればできます。


2018年2月5日月曜日

ケシュのリング


前回使っていたものが切れてしまったので、先週新しく作ってもらいました。ケシュのリングです。

これを両手首にすると、エネルギーの流れが良くなり、体の不調が改善されます。

私の場合ですが、パソコンを使う時の肩こりがすぐに取れ、頭痛がして来た時には頭痛薬もDMSOも無しに治りました。

これで癌が消えたとまだはっきり聞いていないのですが、良くなったというお話は聞きました。もっと時間がある時に、癌などについてはケシュはどう働くのかを聞いてきます。

アレルギー性鼻炎の鼻水とMMS

MMSを1年間毎日飲ませ続けても、子供の鼻炎が治らないことは何回も書きました。

昨年末からMMSを飲ませる量も回数も減らしましたが、毎日何回も飲ませていた時と変わらず、定期的に鼻水が出てきます。

鼻水が1週間位続いた後は、咳まで出るようになります。

だから去年から初めて抗アレルギー剤や咳止めシロップに頼ることにしたのですが、飲ませた時だけは鼻水が軽減されました。

最近また鼻炎が始まって今回は長かったです。MMSをもちろん毎日飲ませていましたが、何も変わりませんでした。DMSOを飲ませましたが、やっぱり同じでした。

鼻づまりにDMSOをスポイトで垂らすと、その時は鼻の通りはよくなります。

ですが時間が経つと、また詰まります。

今回の症状は後半から咳がすごかったので、学校の校医に家に連れて帰るようにと言われたくらいです。そして小児科に連れて行ったのですが、アレルギー性鼻炎で、その影響で喘息をおこしかけていると診断されました。

そして初めてステロイドのシロップを飲まされました。

MMSだけで子育てをしてきたので、ステロイドを処方された時はなんとも言えない気持ちでした。

ステロイドでも咳が改善されることはなく、翌日病院の緊急でお尻に注射を打ってもらいました。抗アレルギー剤やその他の症状を緩和する注射だったらしいですが、

唯一その注射を打ってもらった時だけ、殆どの症状が止まりました。

ですがその翌日昼前になると、またものすごい鼻水と咳が出始めました。

学校も月曜日まで休むように言われ、家でのんびりしていました。

その時にトイレに行ったついでに、子供はバスタブに湯を張って遊び始めたのですが、私は久しぶりにMMSを湯船に入れてみました。

そして驚くことに、20秒毎に咳が出ていたのが、バスタブから出てくると止まっていました。出ていた鼻水も止まりました。あれから10日経ちますが鼻水もほとんどなく、咳もたまに出る程度です。少量ですが、鼻水が奥に常にあるという感じです。

気づいたのですが、子供の咳は気管支とか喘息とか関係なく、鼻水が喉に落ちてそれが原因で咳が出ていたようです。咳をした時の音が、何か液体が混ざったような音だということに今頃気づきました。

長くなりましたが、アレルギー性鼻炎にMMSは効かないと諦めていたんですが、バスタブにMMSを入れると鼻水がとまることがわかりました。

まだ一度しか経験していないので絶対とは言えないのですが、また鼻炎の症状が出たらすぐに試してみたいと思います。


※腸内フローラの検査ですが、返送したものが1週間程前にアメリカに到着しました。2ヶ月弱で結果がでるそうです。検査の為に、MMSを日に何回も飲んでいました。これでMMSが腸に与える影響が少しでもわかるのではないかと期待しています。

2018年1月5日金曜日

鼻づまりにDMSO

数週間毎にアレルギー性鼻炎が起こります。

MMSを1年間毎日飲み続けても、アレルギー症状が定期的に出ます。近所の方にアレルギーが治る液体をもらい、毎日ミストが出る機械で鼻から吸わせていますが、まだ2週間程なので何も変わっていません。

DMSOの本に鼻がつまった時には70%のDMSOを数滴鼻の穴の奥に垂らすと書いてあったので、それを試しました。

子供が鼻水がつまって息が出来ないと言うので、嫌がりましたがなんとか数滴鼻の奥まで垂らしました。

5分もしないうちに鼻が通り、鼻で息ができるようになりました。

ですが、この時に垂らしたDMSOで鼻水が止まったり咳が止まったりはしませんでした。

今までは薬局で市販されている塩水スプレーを使っていましたが、DMSOを垂らしたほうが効き目も早かったです。

あまりにも奥に入りすぎてしまうと口に行ってしまい、不味い思いをします。

DMSOでアデノイド縮小や副鼻腔炎が治ったとも載っていますので、時間はかかるかもしれませんが続けてみます。