このブログについて

リンク

MMSオンライン
(MMSについての説明)
http:s//sites.mms2.blue/

MMSオンライン販売
現在は販売していません

2019年3月9日土曜日

MMSで喘息改善、肺癌が消えた(前立腺の炎症も・DMSO)

23歳の大学生、小さい時から喘息で、いつもスプレーを持ち歩き使っていました。唇が真っ白になるほど呼吸困難になっていたそうですが、MMSを飲み始めてから7か月間喘息の症状が全くでていません。

飲み方ですが、ペットボトルに10滴ずつ活性化させたMMSを入れて、1時間毎ではなく、好きな時に好きなだけ飲み水としてそれを毎日学校で飲んでいるそうです。

それ以外は特別にMMSを飲むことはなく、外出する時に作り置きして持って出かけるMMSだけで喘息の症状が全くでなくなり、スプレーも買う必要がなくなったと喜んでいます。

MMSを飲むのをやめると喘息は治っているのか、やはりそれは確かめられません。なぜかというと、以前書いたバイオリンを教えている人もそうですが、MMSを飲むのをやめるつもりがないし、中断してとはお願いできません。

この方で3人目です、喘息がMMSで改善されることがわかりました。

これは肺がんだった方ですが、MMSを飲み始めたのは肺がんの初期の段階でした。MMSを毎日健康維持程度に飲んでいて、1年で肺がんが消えました。朝と夜の日に2回、1滴~2滴です。

サイトの方にも書いたすい臓がんだった人は、1日にもっと多くのMMSを飲んでいました。ステージ4の時からスタートです。

まだ癌の初期段階だと、飲む敵数が少なくてもゆっくり時間をかけられるのかもしれません。


これはMMSではなく、DMSOが効いた話です。

前立腺の炎症で毎晩必ず3回か4回トイレに起きていた60代男性、DMSOを小さじ少しを1日3回を数日飲み、すぐに前立腺の炎症がおさまりました。そしてそれ以降本日まで再発無しで、快適に夜一度も起きることなく眠れるようになったそうです。

DMSOの本に、DMSOやMSMで痛みおさまったからといって、治ったと勝手に判断しないほうがいいという箇所がありました。DMSOやMSMで実際に治るものも多くありますが、DMSOは炎症を抑えたり痛み止めとしても効果があるので、飲むのをやめたらしばらくして痛みが再発した、数週間後、数か月後にまた痛みが出た、1年以上症状が出ない等様々です。

痛みが起こるというのは何処か悪いという信号なので、注意も必要だとドクターヤコブは書いています。

最後に、これは23歳の女性です。まだまだ若いですが、何年もの間ずっと腎臓の調子が悪く、病院に行っても薬を飲んでも何をしてもよくならなかったそうです。

尿が腎臓に逆流したり、よく腹痛が起こっていました。

仕事をするのも辛いくらいの腹痛が起こり、今まで病院で処方してもらった薬では改善されなかったので、MMSを飲んでみることになりました。

この方も喘息と同じように、MMSの作り置きをして冷蔵庫に入れ、それを1時間か2時間毎に飲み始めました。

するとすぐに不快感や痛みが消え、出かけるのも楽になったそうです。

MMSを飲み始めてから痛みはまったく起こらなくなったそうですが、まだMMSを飲み始めてから検査に行ったわけではないので治ったかどうかはまた後日教えてもらいます。




2019年3月4日月曜日

MMSを飲んだ後の吐き気(好転反応)

何回か問い合わせがあったので、こちらのブログ形式の方に書いておきます。

ジム・ハンブル氏の公式サイトの方やMMSの説明サイトには、MMSを飲んだ後の吐き気や下痢は好転反応だと書かれてあります。

本当にそうなのか自分でも疑問に思った時もありましたが、今まで自分や家族や友人やその他実際に飲んだ人の経験から書きますと、

MMSを初めて飲んだ人は、飲み始めはほとんどの人が下痢と吐き気を感じました。

飲み続けていると、吐き気も下痢もまったくなくなってきます。

何も体調不良がない普通の状態の時にMMSを1回につき6滴以上飲んだとしても、下痢も吐き気も何も感じないです。よっぽどの空腹状態でなければ、問題なく飲めます

ですが不思議なことに、関節が痛い、喉が痛い、体のどこかの調子が悪いと感じた時にMMSを同じ量だけ飲むと、多くの割合で下痢をする人が多いです。吐き気よりも下痢です。

ガンだった人がMMSを飲み始めた時の下痢と吐き気状態は、2週間位続いたそうですでが、それ以降は1回10滴以上飲んでも平気になっていったそうです(本人談)。

反対に、同じ癌でも何か月も下痢や吐き気状態が続いて、精神的にMMSを飲めなくなった人もいました。

二人ともステージ4の状態から飲み始めました。

MMSを議論する英語のサイトで、クエン酸のpHが関係しているのではないかと書いている人もいましたが、クエン酸の量を変えてみても、レモンや酢で活性化させてみても、下痢が起こる時は起こりました。

経験上、周りの人から聞いた話から、やっぱり下痢や吐き気は好転反応で体の中の悪いものを出しているとイメージが一番近いのではないかと思います。


今日はMMSで喘息が改善された話を書こうと思ったのですが、問い合わせで好転反応についての質問があったので、先に好転反応について書きました。

また後日、喘息が改善された例について書きます。