このブログについて

リンク

MMSオンライン
(MMSについての説明)
http:s//sites.mms2.blue/

MMSオンライン販売
現在は販売していません

2019年2月24日日曜日

鼻炎とMMS

子供の鼻水が3週間ほど止まらず、MSM(MMSではない)パウダーを毎日飲んでいるのにMSMすら効かなくなったのかと思っていましたが、実は今回の子供の鼻水はアレルギー性鼻炎ではありませんでした。

ここでは思い立ったらすぐに血液検査が24時間紹介状も何もなしに個人ででき、おまけにありとあらゆる場所に検査機関があります。そして結果は知り合いのドクター等にこの国で主流のWhatsappというアプリで写真を撮って送り、みてもらいます。

そこで血液検査をしてみた結果、アレルギー性のものではなく、ウイルス性の鼻炎だとわかりました。

鼻水が出始めたころ咳を5日程軽くしていたので、多分あの時風邪をひいていたのかもしれません。ここではインフルエンザは滅多にみられないので、多分普通の風邪です。

今回の事で思ったことです。

この期間中毎日MMSを、朝、学校の後、寝る前の3回1滴ずつ飲ませていました。時々DMSOも飲ませました。

DMSO70%スプレーは、就寝中毎日。

MSMパウダーは毎朝2回。

MMSは1滴を3回で量が少な過ぎたのか、それともウイルス性には効果があまりないのか、MMSで鼻水の(透明)の改善はなかったです。DMSOスプレーで鼻水が止まることもなかったです。

ですが、風邪をひいたのがわからない程症状が軽かったのは、MMSを毎日飲んでいたからだと思います。

これは自分でも経験していますが、風邪をひいたかなと思った瞬間から1時間か2時間毎に6滴以上を1日集中的に飲めば、翌日は風邪の症状がほとんどなくなっていることが多いです。

その時を逃してしまえば、通常通りの風邪の辛い症状が通常の期間続きます。


しばらくここに書かなかった間に思ったのですが、今までは風邪をひかせないことばかりに重点を置いていましたが、子供は大人になる過程である程度の病気は必要なのではないかと考えが変わりました。

風邪をひいても、重症化しないだけの免疫力を高める生活と食事をさせ、風邪がひいたらゆっくり休ませるということも考えられるようになりました。

MMSを飲んでいれば、重症化はしないというのがわかったので、これからは風邪に対しても絶対に風邪をひかせないという思いでやっていくのはやめようと思います。


鼻炎以外にも、ここに書かなかった間に多くの知り合いがMMSとDMSOですぐに症状が改善された例をみました。

また後日すぐに書く予定です。