このブログについて

リンク

MMSオンライン
(MMSについての説明)
http:s//sites.mms2.blue/

MMSオンライン販売
現在は販売していません

2020年7月28日火曜日

またCDSでコロナ感染者が回復

先週ですが、他の購入者さんからもコロナがすぐに治ったと連絡がありました。

この方は女性ですが、コロナですべての店が閉まった3月下旬頃に購入してくれました。

何度かCDSの作り方を聞かれたので、わかりやすい動画サイトを送ったりしていました。

その彼女がCDSを実際に作り、コロナに感染した人たちに飲ませていました。どうして周りにこんなにもたくさんコロナ感染者がと思われるかもしれませんが、毎日千人以上の感染者が出ています。ここは人口は日本の10分の1です。日本だと1日に1万人から2万人感染者が出ている感じです。

アンドレアのプロトコルです。

新型コロナウイルスの場合、1.5リットルの水に8~10ccのCDS。

これを1日に8回、1時間毎に飲む。

これを入院していたコロナ患者が飲み、翌日すぐに調子がよくなったそうです。

3000ppmだったのかどうかを聞いたら、そんなことは問題ではない、問題は飲んで効いたかということだと言われました。あまり外国人は細かいことは気にしません。

確かにそうです。

CDSを飲み始め、すぐに退院できたそうです。

MMSではなくCDSだった理由を聞いたのですが、CDSの方が多くの人に渡せるからとのことでした。

コロナで入院してぐったりしていた人が翌日には気分がすごくよくなったそうで、後遺症についても聞きましたが何もなく元気に退院したそうです。

ジムハンブルを教祖とする怪しい宗教団体が、ブリーチを飲ませる危険な治療をしているとある国のニュースに出ていましたが、ジムハンブルは教祖でも宗教団体でもありません。

二酸化塩素を発生させます。ブリーチを飲むわけではありません。


これは余談ですが、何か月か前に初めてTwitterのアカウントをスペイン語と日本語で二つ作りました。スペイン語のアカウントの方に、MMSでコロナ感染者が治ったと1回だけ書いたら、気づかないうちにアカウントを凍結されてしまいました。1回MMSでコロナが治ったと書いただけです。違反だそうです。YouTubeでもGoogleでもMMSの排除が行われています。Twitterもそのようです。



にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ にほんブログ村 病気ブログ がん情報(患者以外)へ にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ

2020年7月16日木曜日

MMS(CDS)を飲んですぐにコロナから回復、二人

先日、私が作ったMMSを購入してくれた方の事を書きました。

その彼から一昨日再び連絡があり、更に彼の二人の友人が、コロナからすぐに回復したことを教えてくれました。

一人は病院に入院していて、かなり様態が悪かったそうです。

もう一人はそれほど症状が重くなかったので、自宅隔離措置を取られていたそうです。

今回はMMSでなく、彼が作ったCDSを人に頼んでそれぞれ病院と自宅に運んでもらったそうです。

そして電話で飲み方を伝え、それぞれの友人に飲んでもらったそうです。

すると病院に入院していた友人の症状が明らかにすぐによくなり、起き上がれるまでになったそうです。そして5日後には陰性になって退院していったそうです。

入院中に治療を受けているのだからそれで回復したのでは?と言う人もいますが、入院後もどんどん状態が悪くなり起き上がれない状態でCDSを飲み始めてすぐに症状が良くなったそうですから、CDSが効いているに違いないと言っていました。

もう一人の軽症だった人も、CDSを飲み始めて2日後には陰性になったそうです。

CDSを送って飲み始めてもらったのは、友人二人がコロナに感染したと聞いてすぐ(数日以内)にだそうです。

この国では自宅隔離や療養の場合、定期的に国の人がやって来て管理されるそうです。

その後二人とも(20代と30代女性)、コロナの後遺症らしきものは見られないそうです。一応聞きましたが、息をするのが苦しい、歩くと疲れる、頭が痛い等、そのような後遺症は一切なく二人とも健康だった時と同じ状態に戻ったそうです。

同じ人の知り合いが4人もコロナに感染する事に私も驚いたのですが、彼は大きなチェーンのスーパーのマネージャーをしている方で、交友関係も広いと思います。

コロナで外出禁止中、食料品を扱うスーパーの営業は許可されていて、彼はずっと働いていました。その仕事の合間にここまで買いに来てくれました。

これは実際にコロナに感染した4人の友人にMMSを飲ませたこの彼が言っていたことですが、CDSよりMMSの方が効き目が早いように感じるとのことです。

彼が作ったCDSがどのくらいの濃度だったのかも関係すると思うのですが、当たり前なのですがCDSもコロナに効くことがわかりました。

最後になりますが、下の写真は自宅のバルコニーに付けているMMSの宣伝です。縦3メートル横1メートルとまあまあな大きさです。

MMSとはっきり書かないのは、ここでも実は一度嫌がらせみたいな妨害に遭ったからです。7月から空港が開き観光客も少ないですが戻って来ています。自宅は観光地の中にある為、この宣伝ポスターの写真を撮っている観光客も見られました。

多くの方にMMSを知ってもらいたいと思い、やっています。






2020年7月15日水曜日

MMSの間違った用法


この写真は猫に噛まれた脚です。噛まれた直後に、MMSとクエン酸を活性化させたものを水で薄めずにそのままティッシュにつけてずっと脚に貼っていたそうです。

すると写真のようになってしまい、水で薄めずに活性化させたMMSを貼っていた部分が治るまで2年かかったそうです。

猫に噛まれた傷はすぐにきれいに治ったそうですが、水で薄めないMMSは肌にはきつすぎるようです。

2020年7月13日月曜日

コロナで入院していた人がすぐに退院できました

先々週くらいになりますが、コロナで外出規制が出された初期(3月か4月頃)に購入してくれた(この国で)方から連絡がありました。

その方の姪御さんの旦那さんがコロナで入院、そしてその方の友人もコロナで同時期に入院したそうです。

私から購入したMMSを持って病院に行き、自分で家族に説明して飲ませたそうです。

日本人同士のように、どのようにいつどれだけ飲んだのかと深く話し合う習慣がないので、あまり詳しくは聞けませんでしたが、一人は入院していたベッドの上で話はかろうじてできるけれど、歩けない状態になっていたそうです。皆さん、死を覚悟したと言っていました。

もう一人も症状はかなり悪かったそうです。

ここでは症状が軽いと自宅療養なので、病院に入れるということはやっぱり症状が酷かったと予想できます。

歩けなくなっていた人がMMSを飲んだ翌日にすぐに歩けるまで回復して、その後すぐに退院したそうです。

もう一人の事はそれほど詳しく話してもらえなかったのですが、同じくMMSを飲んですぐに変化が見られ退院したそうです。

私が作って販売したMMSを飲んでコロナが治ったという話は初めてなので、うれしかったです。

この方は最初コロナ予防目的で購入されたのですが、奥さんが25年患っていた蓄膿症が1週間で治り本物だと思い、またすぐに追加で購入に来てくれました。2~3か月前だったと思います。

すべての人が購入後に連絡をくれるわけではないですが、何人かは症状の改善があったとアプリからメッセージをくれます。

その中には喘息の症状が出なくなった、脚が痛くて思うように歩けなかったのが歩けるようになった等がありました。

話は逸れますが、コロナウイルスはウイルスです。入院していた人がすぐに症状が改善されて退院できたのはいいことだと思うのですが、普通の風邪をひい時に、超初期症状の時を逃してしまったら、MMSを飲んでも全く改善されず、1週間位風邪の症状や鼻水が続きます。それがコロナだと翌日にはかなり症状が改善される、

この違いは何なのかという疑問ができました。

ジムハンブルのレシピ通りに作っているので間違いはないとは思っていましたが、実際に自分が作ったMMSをコロナ患者が飲んで改善したので、一応ここでお知らせしておきたいと思いました。