このブログについて

リンク

MMSオンライン
(MMSについての説明)
http:s//sites.mms2.blue/

MMSオンライン販売
現在は販売していません

2018年3月27日火曜日

DMSOとMMSの効果

最近知り合いになった年配の方で、ピアノの修理をされている方がいます。

4年程前に脳の血管障害で、心臓がある方半分が麻痺してしまい、歩く時にうまく歩けなくなり、左手もうまく使えなくなったそうです。

頭蓋骨に穴を開けて手術までしたそうです。

その方が、先々週からMMSを飲み始め、DMSOは先週から飲み始めました。

DMSOを飲み始めてすぐに感じた感想を教えてもらったのですが、

脳にいつもより多くの酸素がいっているのを感じ、今までは指で左半身をかいてもほとんど感覚がなかったのが、DMSOを飲み始めて指先で左半身をかいてみたら、肌に指が当たっている感覚がすると喜んでおられました。

DMSOを飲み始めたのが先週の金曜日で、この話を聞いたのは昨日の月曜日です。

土曜日の夜に電話で話した時すでに、明らかに調子がいいと言っていましたから、すぐに体調の変化が現れたようです。

MMSでの効果は、今までに排尿に問題があったそうですが、それがすぐに改善されたそうで、驚いておられました。

左半身がもっと正常に戻るようにと期待をよせて、毎日これからはDMSOを飲むそうです。

私はDMSOをほぼ毎日飲んでいても風邪をひいてしまいましたが、DMSOには風邪予防以外にもっと大きな効果が見られるので、飲むことに無駄はないと思いました。

私は今はまだその年ではありませんが、アルツハイマー予防にもなるので、両親にもDMSOをすすめています。


これはMSM(MMSではない)の効果についてですが、やはりアレルギー性鼻炎の軽減にかなり効果が認められます。

子供の鼻水の症状が出たら、MMSでもDMSOでも鼻水の症状を止めることができず、

鼻水→咳→鼻がつまり呼吸困難 が最近のパターンでしたが、鼻水が出始めたと思った時にMSMを4グラム以上を飲ませたら、1時間以内に鼻水が止まるようになり、いつもの悪化することがなくなりました。

ですが一生MSMを飲ませて鼻水を止めるわけにもいきませんので、アレルギー性鼻炎がなくなるよう、ホメオパシーも併用し、夜は早く寝させ、食事の改善も徐々にしていっています。

アレルギー性鼻炎の鼻詰まりに、MSMを液体にしたものをネブライザーに入れて吸引させたら、すぐに効果がありました。

風邪をひいて鼻がつまっている時に私も試しましたが、アレルギー性鼻炎ではないからなのか、私には効果がありませんでした。