このブログについて

リンク

MMSオンライン
(MMSについての説明)
http:s//sites.mms2.blue/

MMSオンライン販売
現在は販売していません

2021年1月28日木曜日

MMSでコロナウイルス予防が出来ていた

これはここ現地でMMSを購入してくれた方からの情報です。

日本ほどではありませんが、コロナ新規感染者も毎日千人程、夜間外出も10か月以上も続いています。

日本のようにクラスター発生というニュースはゼロです。毎日感染者の内訳は発表されますが、特に何かの集団でクラスターが発生していたとしても、報道はされないです。

個人情報の概念はゼロに近い国ですが、不思議な事にコロナクラスターが発生した場所は伏せられます。

だからこの国ではクラスターは発生していないのかと錯覚しますが、やっぱり日本と同じくあちこちの集団で発生しているようです。

MMSを購入してくれた方の勤め先でコロナクラスターが発生し、彼だけコロナに感染しなかったという情報を頂きました。

毎日コロナ予防の為に、仕事中も自宅にいる時も、数時間毎に5~6滴のMMSを飲んでいたそうです。仕事などの外出時には、作り置きしたボトルを持って、1時間毎に適当に飲んでいたそうです。

職場の人全員が(25人)感染していて、彼だけ感染しなかったのは、MMSがコロナウイルス感染を予防していたに違いないと彼は思ったそうです。

目に見えないことなので100%絶対とは言い切れませんが、MMSがコロナウイルスから守ってくれている可能性は高いです。


この国で暮らすようになり、数か月毎に風邪をひいたり原因不明の腹痛や吐き気が起こっていた私ですが、MMSで記録を作ろうとMMSを毎日数時間毎に飲んでいた2年間は、一度も病気をしませんでした。飲むのをやめた時期は、しっかり風邪をひいて熱も出しました。去年の今頃は、あまり飲んでいなかったので2回続けてちょっと人込みに出ただけで風邪をひきました。

自分の経験からも、MMSでコロナ対策は十分にできていると思います。


2021年1月23日土曜日

猫にザッパー

 



日本の実家で飼っている猫です。最初は風邪と診断されましたが、2か月後にリンパ腫と診断されました。診断された時にはかなり進行していて、MMSをプロトコル通り飲ませられる状態ではありませんでした。

抗がん剤は3回したそうですが、1回しか効かなかったようです。ステロイドも処方されたそうですが、使わないでMMSだけをやったら吐いて脱水症状を起こしてしまいました。

ステロイドを使った後は元気が出て、自分から少し口にしたそうです。

ステロイドを使わず、MMSだけの時はぐったりしてしまいMMSを飲ませたら吐いて悪化。

ステロイドも効かなくなり、最後に賭けたのがザッパーです。カナダのKen氏のザッパーです。実家にはこのザッパーしかないので、このザッパーに賭けています。

実家の猫の様子を聞いて思ったのは、癌も末期になってしまうと思うように飲ませられないということ。薬だと一時でも使った後は少し元気になるけれど、MMSだとそうはならない。

薬にするかMMSにするか、いろいろと悩んだそうです。でも結局MMSの癌のプロトコルで1~2時間毎にMMSを飲ませていたら、結局吐いて脱水症状を起こして呼吸が荒くなり病院に連れて行くことになったので、病院から処方された薬を飲ませて、できる時はなるべくザッパーを使ったり、DMSOとMMSを混ぜたものを体に塗ることにしたそうです。

※ultimateザッパーは使用時間が書かれていますが、実家の猫は、その使用時間は無視してなるべくザッパーを使うようにしているそうです。ザッパーを買うにあたり昔検索したことがあります。再び同じブログを見つけることができなかったのですが、そのブログにはultimateザッパーの使用時間を無視して一晩中ザッパーを使いっぱなしにして治ったという話が書かれてありました。




MMSは飲み始める時期が合わなければ、完全ではないと今回感じましたが、すい臓がんが消えた人はステージ4の末期で救急車で何度も運ばれている状態で飲み始めました。

状況によってもまったく違ってくるので、なんでもかんでもMMSが効くと言えないのかもしれません。

久しぶりに書いたブログ、少しMMSに対して弱気な発言になってしまいましたが、治った例ももちろんたくさんあります。

今回、ザッパーで奇跡が起きるかどうかまたここに書きたいと思います。

ブログにこうやって淡々と書いていますが、実家に帰った時に一緒に過ごしていた猫なので書くのを悩みましたが、

なんでもかんでもMMSを飲ませれば治るというものではないということも書いた方がいいかと思い、書きました。