このブログについて

リンク

MMSオンライン
(MMSについての説明)
http:s//sites.mms2.blue/

MMSオンライン販売
現在は販売していません

2016年12月29日木曜日

頭痛にDMSOはよく効きます

MMSを毎日飲んでいても、頭痛にはよくなります。
頭痛の時にDMSOを痛い部分やこめかみにぬると、5分から10分で痛みが消えます。
即効性ありです。

腰痛の友人も、DMSOをぬったらすぐに痛みがなくなったと言っていました。

希釈するのが面倒だったのでそのまま使いましたが、やはりつけた部分が少しピリピリしました。
推奨は70%です。

2016年12月26日月曜日

鼻水と中耳炎の痛みにMMS

長い間鼻が詰まった状態だったためか、子供が中耳炎になりました。
耳が痛いというので、中耳炎のプロトコル 120mlの水に4滴を活性化させたものを、スポイトで耳に垂らしました。
するとすぐに痛みがなくなり、その後も定期的にスポイトで垂らしていますが、まったく痛みは出ません。
年が明けたら、どうなっているか診てもらいに行きます。


家を工事していた時、セメントやタイルを切っていたホコリを吸い込んだ子供は、数分後に鼻水がダラダラと出始めました。子供のアレルギーの原因特定はまだ出来ていませんが、多分これではないかと思います。

MMSをクエン酸と活性化させ、スポイトで鼻の穴の中に入れました。
すると数分後、あれだけダラダラと出ていた鼻水が止まり、それ以降はまったく出なくなりました。


アレルギー性の鼻水と中耳炎の急な痛みには、MMSは即効性があるようです。


ですが、生まれた時から時々MMSを飲ませていても、アレルギーはあったんですね。
でも定期的に飲ませていたから、この程度で済んだのかもしれないと考えています。
アメリカ人のブログで子供のIgEが正常範囲におさまり、アレルギーがなくなったという記事を読みました。

今までは1日に何回も水で飲ませるのは不可能で、ここ2ヶ月、やっとMMSを1日に何回も水で飲めるようになったので、結果はこれからではないかと期待しています。

2016年12月19日月曜日

血液検査の結果

子供に鼻風邪の症状が出てから、毎日1日に多い時で8回2滴ずつを飲ませていましたが、3週間経ってもほとんど改善されず、ついに耳鼻科に行きました。鼻風邪だと思っていましたが、検査の結果、軽いそうですがアレルギー性鼻炎とのことです。私の配偶者が、蓄膿症と喘息と鼻炎持ちだったので、その遺伝だろうと言われました。書こう書こうと思いながらまだ書いていないのですが、MMSを飲み始め、蓄膿症と喘息すべてが治っています。


生まれた時からMMSを定期的に飲ませていても、予防接種を受けさせていなくてもアレルギーはあるということがわかりました。IgEの数値が、基準値より少し多かったです。(12月12日に検査)

ここ2ヶ月は毎日1日に数回を飲ませるようになりましたが、それまでは数日か数週間に1回でした。コーラかスプライトで飲ませていた為、糖分が気になって多く飲ませませんでした。

いろいろと検索してみた結果、アメリカの方ですが、MMSを数ヶ月飲ませた結果、アレルギーの子供さんのIgEが基準値以内にまで下がったと書いてありました。

子供に真剣にMMSを飲ませ始めまだ2ヶ月ですが、これからもこのペースでMMSを飲ませ続け、アレルギーがなくなるかどうかまた結果報告します。

子供の血液検査の結果ですが、単球がほんの少しだけ基準値を超えていましたが、その他の数値は何も問題がありませんでした。MMSを毎日飲んでも、その他の数値に問題は出ないということがわかりました。

写真は翌日13日に検査してもらった、私の血液検査結果です。hemogramaのみですが、参考になるでしょうか。毎日MMS5滴を3回、合計15滴飲んでいます。MMSを飲みつづけていても、体に害はないことは証明されたのではないでしょうか。今のところhemogramaのみですが、何か他の数値がご希望であれば問い合わせから教えてください。ここは24時間電話一本で自宅まで採血に来てもらえ、検査結果をメールですぐに送ってもらえるので、気軽に好きな検査が出来ます。画像クリックで拡大できます。

<a href="/blog/img/hemograma.png" onClick="openWin(640,480,'img')" target="img"><img src="/blog/img/hemograma.png" width="320" border="0" alt="hemograma" style="float: left; margin: 0px 5px 5px 0px;" /></a>

2016年12月1日木曜日

売り手も買い手も保護

1年前にMMS販売を事業者登録しました。
そのほうが何か問題があった時、国が間に入ってくれるからです。
主に中南米と北米に発送しています。もちろん日本からの注文もあります。

この前、医療保険の更新月が来て、その担当者さんが、事業主の保険というものを教えてくれました。

サプリメントや健康に関する物の販売に関し、何か買い主に問題が起きた時、それを保証してくれるというものです。MMSを決まった量と用法で飲んでいれば何も問題は起こらないはずですが、購入者も保護されるのであれば、購入者が日本在住者である場合も、その保険適用内にあるのかどうか等も詳しく聞き、加入を考えてみようと思います。

そのような保険まであるとは、知りませんでした。