このブログについて

リンク

MMSオンライン
(MMSについての説明)
http:s//sites.mms2.blue/

MMSオンライン販売
現在は販売していません

2021年11月22日月曜日

MMSで白内障が治りました

 11月1日のブログに書いた、もとすい臓がんでMMSを飲んで半年で癌が消えた人の話です。

糖尿病の方はMMSでコントロールできているみたいですが、まだ糖尿病を抱えたままです。

前回書いた時からMMSを目薬として使い、先週の19日金曜日に目の検査に行ってきたそうです。その時の検査結果で、白内障はなし。癌の時と同じく、医者もびっくりだそうです。

今回もMMSのことは話さずに自然なものを使ったと話たそうで、手術を中止してそれ(MMS)を勧めてくれた人に感謝するようにとドクターから言われたそうです。

今月からMMSを目に使いはじめ、約3週間で白内障が治ったことになります。

この人は50cm離れた人の顔も識別できないくらい悪化していました。それがMMSを付けただけで、こんなに早く白内障が治っています。

過去に白内障がMMSで治った人がいますが、60代女性で軽度の白内障でしたが、治るまでに1年間かかっています。

多分その違いは、使った量と回数だと思います。

60代女性の場合、1日1回1滴~2滴をさしていました。

MMSの目のプロトコルでは1日4回までとなっていますが、この彼は1日何回も、それも何滴も点眼していたようです。

先週の金曜日に眼科で目を見てもらっているので、MMSをプロトコル以上の回数と量を使っても問題ないことがわかりました。

これで身近な人の白内障がMMSで治ったのは2例目です。

手術を考える前に、ぜひMMSを!

--------------------------------------------------------

問合せがありましたので、この時に使ったMMSの量を追記します。

公式のプロトコルではMMS1滴+クエン酸等1滴に対し30mlの水で作ったものを、日に4回を限度に点眼となっています。

ここに書いた人はどうせ手術をしなければならないならという気持ちがあったので、それよりも多い量を使いました。

MMS2滴+クエン酸2滴を40mlの水で作ったものを、1時間毎に数滴3週間使っていました。

その容量で3週間使った後眼科検診を受けていますが、まったく目に問題は出ていません。

ずっとサングラスをしていましたが、もう外して夜も道を歩いています。

知り合いの60代女性は軽い白内障だったので、1日に1滴を1年続けて白内障が治りました。

少量でも効くのは間違いないですが、少量だと時間がかかるようです。

白内障ではないですが、高齢男性が車を運転中に頻繁にMMSを目に何年も使っているそうですが、まったく問題は出ていないそうです。


2021年11月8日月曜日

ファイザーワクチンとMMS

 これは60歳のご近所さん(女性)から頂いた情報です。

1回目と2回目は中国シノバック、3回目にファイザーかたまにアストラゼネカ。若者はファイザーのみ2回という人もちらほらいます。

60歳のご近所さんは先月ファイザー3回目を接種した後に調子が悪くなりました。

私が話すまでファイザーワクチンのせいだとは思わなかったようで、言っていた症状がすべて出るようになったのはファイザーワクチンの後からでした。

ワクチンに副作用があると知らない人が、意外とこの国では多いです。というのも、打った後の情報はゼロだからです。

ご近所さんはワクチンの後から心臓がドキドキするようになったり、眠いのに全く寝付けなくなり不眠症になったそうです。睡眠薬を飲んでなんとか少し寝れるという状態になってしまいました。睡眠薬は薬局で処方箋なしで買えます。

そして手が痺れて時々頭がボーっとするそうです。記憶が飛ぶ感じで、一瞬何をしていたかわからなくなることが時々起こるみたいです。

体の右半分が痺れ、ワクチンを打った腕もずっと痛く、足も腰もずっと痛かったそうです。

とにかくファイザーワクチンを打った後、一気に体の悪い部分が出た感じだったそうです。

そこでCDSを飲むようにすすめました。

CDSを飲むようになりまだ1週間ですが、体の痛かった部分はすべてすぐに治ったそうですが、眠いのに眠れないという症状と、

頭が時々ボーっとするという症状はCDSを1週間飲んでも治らないそうです。

今度脳の検査をするそうです。

MMSでファイザーワクチンの副作用すべてすぐに治るというわけではないみたいです。

ですがとりあえず痛く不自由していた部分はMMSですぐに改善したそうです。

ファイザーワクチンが危険だと知っていたら、打たなかったと言いました。知らない人が多いのは、政府がいいことばかり並べ立てるからです。ワクチンを打って守られる野球観戦をしよう!とうたっています。ワクチンを打って元の生活に戻ろう!と言われていますが、感染者増える一方です。ワクチン未接種者はどこにも入れないのに感染者が増えるのはワクチン未接種者のせいだそうです。

おまけにワクチン2回接種をしていないと、仕事も買い物も乗物も不自由する国になりました。みんなそれが嫌なので、その発表があった直後にワクチン2回目接種が一気に増えました。

しかしワクチンに副作用がある、体調が悪くなる、ワクチン後に死んでいる等の情報はゼロです。少しだけ報道される日本の方がずっとましなくらい、何も都合の悪い情報は知らされません。

ワクチン3回接種した若い議員が亡くなりましたが、ワクチンをしていたとはタイトルに付きませんが、ワクチンをしていなかった有名人が亡くなった場合のみ、ワクチン未接種とタイトルに載ります。どこの国も同じみたいです。

どんなに生活が不自由になろうと、日本にしばらく帰れなくなろうと私たちは絶対にコロナワクチンは打ちません。現地のMMS飲用者も、同じことを言っています。




2021年11月1日月曜日

MMSで白内障症状がすぐに改善

MMSで白内障の症状がすぐに改善しました。改善したと言っても、ほんの少しですが希望が出てきました。

サイトの治った例に白内障を追加し、これから書く45歳男性の例も書いたばかりでしたが横線でその部分を消しました。

膵臓癌末期がMMSを半年飲んで消えた、私がMMSの効果を心から信じられるようになったきっかけの人です。

時々糖尿病の症状で具合が悪くなっていたことは、どこかに書いたと思います。

このすい臓がんだった彼が2~3か月前から目が見えにくくなり、眼科検診で白内障と診断されました。

そしてどんどんと見えにくくなり、最近では50センチも離れていない私の顔が識別できない程になっていました。スマホの文字も読めなくなり音声通話しかできない状況で、何もできずほとんど部屋で寝て過ごしていたそうです。

私がそれを知った時は、MMSを使っても間に合わない状況だと聞いていたので手術に賛成したのですが、実は彼はMMSを一度もまだ白内障に試していませんでした。

手術は近日中に行われる予定で(両目片方ずつ)、手術前のいろいろな検査をしている段階でした。

数か月もの間MMSを一度も目に試すことがなく、どんどん見えなくなっていくだけでした。

今まで一度も実はMMSを試さず、MMSが目に使えるとも、白内障に効くということも知らなかったそうです。最近糖尿病の症状で時々倒れたり体調が悪くなっていたので、CDSを毎日飲んでいた状態でした。当たり前かもしれませんが、白内障にはMMSを飲むだけでは効果がないようです。

昨晩初めて自宅まで来てもらい、MMSを目に試してもらいました。

驚きました。

MMSを目にさしてから直ぐ、テレビの砂嵐のようなものが映り、ぼやけていた視界がほんの少し晴れたそうです。それも目にさしてから直ぐにです。

本人もその効果に驚き、予定していた手術をしばらく延期することに決めました。

今日から毎日MMSを使い、何処まで改善するか様子を見て、手術をするかどうかということになりました。

MMSを目に使ってすぐに改善されたという点に驚きましたが、やはりMMSは目に効くようです。これから時々、この彼の白内障がどうなるか書く予定です。