このブログについて

リンク

MMSオンライン
(MMSについての説明)
http:s//sites.mms2.blue/

MMSオンライン販売
現在は販売していません

2018年2月23日金曜日

MMS(二酸化塩素)と腸内フローラ3

腸内細菌検査の結果はいろいろな細菌が%で出ていて、ネットで調べても出てこないような菌までありました。

腸内細菌全部からみてスコアが出ていたのですが、8.2とまずまずのスコアでした。子供の腸内細菌のスコアは、6.89でした。野菜をほとんど食べない偏った食事のせいでしょうか、野菜や日本食を好んで食べる私よりもスコアがよくなかったです。




他のサンプルと比較して頻度が少ないというユニークな細菌一覧も載っていました。その中には嫌気性と呼ばれている細菌も幾つかありました。

MMSは嫌気性細菌を破壊すると言われていますが、腸内フローラにある嫌気性細菌にはあまり影響がないのでしょうか、存在していました。

MMSはイースト菌を排除すると言われていますが、何ヶ月か前にした他の検査ではイースト菌が豊富に見つかりました。その時の検査までは、MMSを6滴を日に数回毎日1年以上飲んでいた時でした。にも関わらず、イースト菌は豊富にありました。私以外の家族でも、イースト菌は存在するとの結果でした(私の場合は豊富)。

特別な疾患も症状もない者が、毎日健康維持目的でMMSを1年半以上続けて飲んでいた結果です。

海外生活が長いためか、日本にいた時よりも肉類を食べることが多いです。甘いものが好きで、日本から送ってもらった菓子類をよく食べていました。

MMSのおかげで腸内細菌の割合はそんなに悪くないとも言えるのか、それは誰にもわかりませんが、悪い結果ではなかったので、これからも続けてMMSを毎日飲み続けてまた結果をいつか載せようと思います。

子供に関しては、MMSを飲ませすぎて腸内細菌のバランスが崩れてアレルギーになったのかと思いましたが、スコアは私よりも悪かったですが、いろいろな菌がきちんと腸内に存在していました。

だからMMSで腸内バランスが大きく崩れるというのはないのかもしれません。むしろ偏った食生活のほうが影響していたみたいです。

MMSで悪玉菌が全滅することもなく、腸内のバランスはMMSを飲んでも保たれていたようです。私も子供も乳酸菌とアッカーマンシアがゼロだったのが気になりますが、ビフィズス菌はありましたので偶然かなあと思っています。