このブログについて

リンク

MMSオンライン
(MMSについての説明)
http:s//sites.mms2.blue/

MMSオンライン販売
現在は販売していません

2021年5月18日火曜日

コロイダルシルバーと猫のリンパ腫

 前回かその少し前、日本の実家の猫にMMSを3か月間1日に数時間毎に与え続けても悪くなるばかりで効いている様子もなく、実家の妹も数時間毎に猫の世話と病院の往復で精神的に疲れ果てたことを書きました。

本当にこれで最後の手段と考えたコロイダルシルバーですが、私が昔日本に帰省した時に置いて帰った物を使って作ろうとしたら上手く作動せず、これも何かの運命だと妹は猫にコロイダルシルバーを飲ませるのもMMSを飲ませるのもすべてやめることに決めました。

その後すぐに私はコロイダルシルバーを作り、日本の実家に送りました。

コロナの影響でここ1年程、日本までの郵便到着に2ヵ月近くかかるようになっていたので、間に合うとも思わず、とりあえずという気持ちで送ったコロイダルシルバーですが、予想外にも先週の木曜日に届きました。2ヵ月かかると思っていたのに、2週間と3日で日本まで届きました。

 翌日にもコロイダルシルバーを追加で送ったのですが、それはまだ届いていないようなので、運よくその荷物だけが早く届いたようです。

さすがに実家の妹も届いたなら飲ませようかと、届いてすぐにリンパ腫の猫に小さじ1杯を飲ませてみたそうです。

MMSを飲ませるのをやめて3週間ほど経っていたと思います。その間は抗がん剤とステロイドと吐き止めです。

 

 コロイダルシルバーを飲ませた数時間後から、猫は突然元気になりました。

癌になってから階段をのぼることができなかった猫が、昔元気だったころのように階段をのぼり途中にある小窓の所まで自力で行ったそうです。そしてキッチンの流し台の所にも、椅子を使ってですがジャンプして登ったそうです。今まで風呂椅子を置いて階段のようにしていて、それをやっと登るくらいしかできなかったそうです。

今までは強制給仕と好物のかつお節を少量しか食べれなかったのに、癌になってから初めて固形のキャットフードも食べたそうです。 

トイレも遠くに置いてある他の猫も使っているトイレまで行き、しっかりと足で立っていたそうです。

ひょっとしてこれはコロイダルシルバーが効いたのかと実家でも皆驚いたそうですが、コロイダルシルバーを初めて飲ませた日の夜か翌日に吐いたそうです。

 やっぱり・・・・と思ったそうですが、MMSと同じでコロイダルシルバーにも好転反応があると読んだことがあります。コロイダルシルバーを初めて飲んですぐには下痢や吐き気が起こる人(人間の場合ですが)がいるとありました。

吐いたのはその時1回で、それからまだ数日ですが、固形物も食べるようになり、ソファーで寝ている者の横にもくるようになったそうです。

調子が良いので毎週月曜と決まっている抗がん剤も、獣医さんが見送ったみたいです。抗がん剤はトータルで使える回数が決まっているみたいです。

特に新しく薬を追加したわけでもないらしく、調子が良くなった時に与えたのはコロイダルシルバーだけなので、ひょとしたらコロイダルシルバーが効いているのではないかと家族で期待しているところです。

 もう少し結果がわかってから書こうと思ったのですが、もしかしたらと思い書いています。

今後結果が悪い方になったとしても、正直に書く予定でいます。

 コロイダルシルバーにはMMSと同じく、DMSOと飲ませるプロトコルがあります。癌細胞が数日で正常細胞に変わるそうです。トータルで2~3週間だそうです。

 実は、どうせすぐに届かないし効くとは限らないと思い、コロイダルシルバーのフォーラムにある正式な作り方で作ったコロイダルシルバーではなく、陰極と陽極を反転させて作る簡単な方の作り方で作ったものだったので、準備をしてちゃんとしたものを作って送ればよかったと後悔していますが、正式な作り方で作ったコロイダルシルバーでなくてもひょっとしたら効いているかもしれません。 

 

 

抗がん剤やステロイドを猫にやりながらのMMSは非常に精神的に苦痛だったそうです。獣医さんに抗がん剤が効いている時間を効いて、MMSをその合間に与えたていたそうです。

 MMSを飲ませたらすぐに吐くしぐったりするし、MMSをやめて週に1回の抗がん剤だけの方が猫は調子がよかったみたいです。抗がん剤治療とMMSの併用は、非常に難しいと言うことがわかりました。ならばと、抗がん剤をやめてMMSだけにしたことがあったのですが、猫が危篤状態にまで悪化したので抗がん剤を再開したら調子がよくなりました。MMSは飲ませ始める時期や状態で、かなり変わってくると思います。