このブログについて

リンク

MMSオンライン
(MMSについての説明)
http:s//sites.mms2.blue/

MMSオンライン販売
現在は販売していません

2020年7月13日月曜日

コロナで入院していた人がすぐに退院できました

先々週くらいになりますが、コロナで外出規制が出された初期(3月か4月頃)に購入してくれた(この国で)方から連絡がありました。

その方の姪御さんの旦那さんがコロナで入院、そしてその方の友人もコロナで同時期に入院したそうです。

私から購入したMMSを持って病院に行き、自分で家族に説明して飲ませたそうです。

日本人同士のように、どのようにいつどれだけ飲んだのかと深く話し合う習慣がないので、あまり詳しくは聞けませんでしたが、一人は入院していたベッドの上で話はかろうじてできるけれど、歩けない状態になっていたそうです。皆さん、死を覚悟したと言っていました。

もう一人も症状はかなり悪かったそうです。

ここでは症状が軽いと自宅療養なので、病院に入れるということはやっぱり症状が酷かったと予想できます。

歩けなくなっていた人がMMSを飲んだ翌日にすぐに歩けるまで回復して、その後すぐに退院したそうです。

もう一人の事はそれほど詳しく話してもらえなかったのですが、同じくMMSを飲んですぐに変化が見られ退院したそうです。

私が作って販売したMMSを飲んでコロナが治ったという話は初めてなので、うれしかったです。

この方は最初コロナ予防目的で購入されたのですが、奥さんが25年患っていた蓄膿症が1週間で治り本物だと思い、またすぐに追加で購入に来てくれました。2~3か月前だったと思います。

すべての人が購入後に連絡をくれるわけではないですが、何人かは症状の改善があったとアプリからメッセージをくれます。

その中には喘息の症状が出なくなった、脚が痛くて思うように歩けなかったのが歩けるようになった等がありました。

話は逸れますが、コロナウイルスはウイルスです。入院していた人がすぐに症状が改善されて退院できたのはいいことだと思うのですが、普通の風邪をひい時に、超初期症状の時を逃してしまったら、MMSを飲んでも全く改善されず、1週間位風邪の症状や鼻水が続きます。それがコロナだと翌日にはかなり症状が改善される、

この違いは何なのかという疑問ができました。

ジムハンブルのレシピ通りに作っているので間違いはないとは思っていましたが、実際に自分が作ったMMSをコロナ患者が飲んで改善したので、一応ここでお知らせしておきたいと思いました。