このブログについて

リンク

MMSオンライン
(MMSについての説明)
http:s//sites.mms2.blue/

MMSオンライン販売
現在は販売していません

2020年2月7日金曜日

再び、風邪にザッパー

子供が学校から帰って来てすぐ、喉が痛いと言ってきました。

学校にいる途中で、喉がイガイガと痛くなってきたそうです。そして夕方4時に学校から帰ってきたので、風邪の兆候が見られてから4時間以上は経っていました。

少し遅いかなと思ったのですが、MMSを飲ませ para zapperの5番、ウイルスモードを90分しました。

そして子供が寝てからも、写真のパットをゴムバンドで足の裏と手の平につけ、再びウイルスモードを90分、ついでに細菌モードも数十分ザッパーを使いました。


今朝起きてみると、喉の痛みもまったくなくなり、鼻水もほとんど出なくなっていました。

寝る直前は、喉がまだ少しイガイガとつばを飲み込んだら痛いと言っていました。

MMSは何回も飲ませられなかったので、ザッパーの方が効いたのではないかと思います。

究極のザッパーと言われているultimateザッパーも持っているのですが、二つの筒を持ち続けるのが意外と大変で、周波数も一つしかないので、

ウイルスモードや細菌モードを選べるpara zapperをどうしてもメインとして使ってしまいます。

一番最初に買ったザッパーはultimateザッパーだったし、使ってすぐに体中にものすごい蕁麻疹が出て、何か体に起こったというのは確かだったのですが、para zapperを買ってからは、こちらの方が好きになってしまいました。


私は喉のイガイガを2週間程前に感じ、関節が痛く寒気がしたのですが、ザッパーを装着するのが面倒だったのでMMSを数回飲む程度にしていました。

すると見事に風邪をひいてしまい、久しぶりに高熱が二日間続き寝込んでしまいました。

こうなってしまってからでは、MMSもザッパーもほとんど効きません。

面倒くさがらず、喉の痛みを感じてすぐにザッパーを使うべきだと思いました。

MMSでも大丈夫なのですが、1時間毎に何滴も飲まなければならず、空腹ではそんなに飲むこともできず、風邪を回避できないことがありました。

※毎晩子供が寝てから、両足の裏にザッパーの銅の筒を90分程つけてザッピングしていました。ですがこうやって風邪をひきかけるということは、足の裏だけでは遠すぎるということでしょうか。足用パットを使わないのであれば、横着をせず、足だけに使うよりも手の方が効果があるのかもしれません。