このブログについて

リンク

MMSオンライン
(MMSについての説明)
http:s//sites.mms2.blue/

MMSオンライン販売
現在は販売していません

2017年1月23日月曜日

MMSを信じる人と信じない人

今日、また久しぶりに膵臓がん末期でMMSを飲み始めて半年で消えた人に会いました。元気で普通に近所の人たちと会話をしていました。MMSを飲む前は救急車で何回か運ばれたり、痩せ細っていましたが、今は普通です。何年か前、近所に白血病の子供(中学生)がいるおじさんがいたのですが、MMSのことを説明してもなかなかうんとは言ってくれず、結局数カ月後にその子供さんは亡くなってしまいました。子供さんと話した時は、治るんだったら飲んでみたいと本人は言っていたのですが、おじさん(お父さん)が駄目だと言ったので、無理にはすすめませんでした。

実際にはまだ自分の周りにはいませんが、治った例を読んでいると、白血病が治って普通の生活を送っている人がいます。もしもあの子が飲んでくれていたらと、今日膵臓がんだった人を見て思いました。

私の日本の友人も、MMSを信じてくれる人は少ないです。ふ〜んという感じです。癌が治った、HIVが陰性になった、◯◯が治ったと言っても、ふ〜んです。私も自分の子供に飲ませたいという返事が来たことは、一度もありません。私もこれ以上言っても欲しいと言われないのはわかっているので、無理にはすすめません。でも時々は、◯◯が実際に治ったよくらいは言います。でもやはり、私も飲みたい、子供に飲ませたいとは言われません。病院に連れて行って、抗生物質に解熱剤に痛み止め、それらが絶対のようです。

私は他の友人からエイズとか癌が治るものがあるんだって〜と説明をうけ、その時にMMSを初めて知りました。私の場合は疑いもせず、教えてほしいと頼み、実際にネットで調べ、その友人とすぐに購入しまし、同じ時期に飲み始めました。昔から何でも信じやすいタイプだったので、そういう性格が幸いしたんだと思います。子供には不必要な薬や予防接種をしない選択も出来たし、後悔はまったくないです。もしもMMSを知らなければ、病気になったらどうしようと不安だらけの子育てをしていると思います。

外国人だから信じやすいとか日本人だから信じてくれないは関係なく、その人によります。ここでも信じてくれない人は、やっぱり信じてくれません。No Gracias(No Thanks)と言われたことも何度もあります。でも日本より、信じてくれる人が多いような気はします。それは田舎に行けば行くほどとくにそうです。そしてお金がない人の方が、信じてくれます。やはりここではお金持ちは、外国人が行くような病院で治療を受けられるからです。

仲のいい同じ子育て世代の友人が興味を示してくれないのが、一番辛いかもしれません。もっとMMSが普及すればと思います。